電気工事でテレビアンテナの不具合を改善しましょう。

交換工事の前に壊れているか確認~屋根に登るのは危険~

テレビ

積雪があった場合にテレビの映りが悪くなると、テレビアンテナが故障したと思う人は多いです。しかし、故障以外の原因で映りが悪くなることもあります。まずは、何が原因になっているのかを判断しましょう。

不調を確認する手順

まずは映っているテレビがないか確認

自宅に複数のテレビがある場合、どれか1つでも映像が映ればアンテナ以外に問題がある可能性があると考えましょう。テレビの故障や、ケーブルの接続部分の接触不良や断線が原因かもしれません。サビによって分配器が正常に稼働していないこともあるので、まずはテレビやテレビ周辺を確認してみましょう。

テレビアンテナの傾きを見る

台風などの災害によってテレビが映らなくなったら、アンテナの状態を確認しましょう。倒れていた場合でもアンテナが壊れていなければ、アンテナ工事を依頼し、角度や方向を調整してもらうことで問題なく映るようになります。もし確認した際に、素子が折れている場合は受信度を高めるためにも早めに交換すると良いでしょう。

それでもだめなら電気工事業者に確認してもらう

落雷や積雪によってアンテナ本体が破損してしまうことがあります。アンテナが破損してしまった場合、テレビが映らなくなるだけではなく、アンテナの落下事故や確認による転落事故に繋がる可能性もあります。アンテナの破損が見受けられた時は電気工事業者に確認や交換を任せるのが一番です。アンテナの故障は火災保険が適用されることもあるため、業者に破損個所の写真を撮影してもらうのも手です。

積雪でテレビアンテナが壊れたら電気工事業者へ相談する

積雪が原因でテレビアンテナが壊れてしまう場合があります。もしも壊れてしまった時は古いテレビアンテナの撤去や新しいものへの交換工事が必要です。

積雪でテレビアンテナが壊れたら電気工事に依頼する

撤去工事
屋根に設置されているテレビアンテナは、重さと面積があり、風の抵抗を受けやすいアンテナになります。屋根からアンテナの支柱ごと撤去することによって、倒壊の危険性がなくなり、屋根の負担を軽減することができます。電気工事業者に工事を依頼することで撤去工事後に何かトラブルがあった際にもすぐに駆けつけてくれるので安心でしょう。
修理や交換
電気工事業者は、まず故障内容を把握します。そして既存のテレビアンテナを撤去し、配線や針金などにサビがなければそのまま再利用します。次に新しいアンテナを組み立てて、アンテナマストと屋根馬の設置を行ないます。アンテナをしっかりと固定したら配線を繋ぎ、受信状態の確認のために微調整をします。微調整をする際に起きたアンテナの緩みや傾きなどを直せば作業は完了です。電気工事業者に任せれば、スピーディーに行なってくれるため、安心できるでしょう。

雪によるテレビアンテナへの影響は2つの場合がある

雪が降るとアンテナに不具合が起きやすくなってしまいます。その原因をここで見ていきましょう。

2通りの原因

空気中の雪が原因
衛生放送の場合、雨や雪によって衛生電波をしっかりと受信できないことがあります。雨や雪に邪魔されてアンテナまで十分な強さで届いてないのが原因です。小さなアンテナでも受信できるタイプのものだと、土砂降りの雨になった際に降雨障害が起きたり、ブロックノイズが出たりします。
テレビアンテナへの積雪が原因
パラボラアンテナの表面に雪が積もったり氷の膜が張り付いたりすると、電波の受信や反射が正常に行なわれなくなります。場合によっては放送が観られなくなるレベルにまで状況が悪化するケースもあり、降雨障害が起きにくい放送でも発生するトラブルでもあります。特に湿雪は、パラボラの表面に張り付いて氷となることから、受信効率を落とす可能性が高いです。湿雪地域の人は注意が必要でしょう。
TOPボタン