積雪による不調は電気工事を依頼~テレビアンテナは保険が適用される~

アンテナケーブルへの不調~配線工事を行なう~

積雪による故障は、テレビアンテナだけに起こるのではなく、アンテナケーブルに不調が出る場合もあります。

雪によるアンテナケーブルへの影響

雪が降った場合アンテナケーブルにどんな問題が起きますか?
雪解け水がケーブルの接続部分に侵入して接触障害を起こすことがあります。衛生アンテナは電源を送ることで稼働させることができますが、水によって電通がショートしてしまうと放送が観れなくなってしまうのです。また、積雪の重みでケーブルが抜けたり断線したりすることもあります。
アンテナケーブルの不調はどんな電気工事を依頼するのですか?
アンテナケーブルに何かしらの不具合が生じた場合、配線工事を依頼しましょう。再度ケーブルを接続したり、切れた配線を引き直して交換したりといった工事内容になります。積雪によるアンテナケーブル抜けや断線被害も配線工事を行なうことで、問題を解消できるので早めに依頼すると良いでしょう。

雪によるテレビアンテナの不調は保険が適用される

雪が原因でテレビアンテナが壊れてしまった場合、保険が適用されることがあります。ここで保険について確認していきましょう。

保険会社に連絡する

雪でテレビアンテナが壊れても、火災保険に加入していれば修理費用は0円で済ませることができます。火災保険には、風災や雪災の補償が付いているため、雪による被害でも適用させることが可能なのです。風災・雪災補償とは、風や雪で住まいが壊れた際に保険会社が修理費用を補償してくれるサービスで、住宅の一部であるテレビアンテナも対象となります。急なトラブルがあっても保険を適用させることで費用の負担をなくすことができます。雪による被害を受けた場合は、まずは保険会社に連絡してみましょう。

TOPボタン